GHURKA No.24 & No.34

グルカのブリーフケースの代表格 No.24 THE ATTACHE と No.34 THE EXPEDITERです。
No.24はマチもないので、ほとんど書類入れって感じですね。
b0230648_20563620.jpg

この両方のバックの特徴は、やっぱり持ち手が引っ込むことでしょうか。
グルカのバックの中で、このタイプはこの2点だけだと思うのですが・・

最近では結構見かけるようになったこの引っ込む持ち手を一番最初に考えたのがどこのメーカーかは知らないのですが、
初めてこのバッグを見たとき(多分1980年代中頃かな)に、こんな持ち手があるんや!って衝撃を受けたのを覚えています。

衝撃とは大層ですが、それまでにこんな出し入れできる持ち手のバックは見たことなかったんでしょう。
N0.24は1980年くらいに発売されたと思うので、できればグルカが発案者であって欲しいなぁ・・・
と個人的には思うのですが・・・。
b0230648_20564351.jpg

ちなみにNo.34の初期のモデルは持ち手が固定のタイプで、その後この出し入れタイプに変更されました。
初期モデルはショルダーになっていないので、ショルダーにするなら引っ込む方が便利やと思ったんですかね。
b0230648_20565174.jpg

ところでこの出し入れできるハンドルの名称はあるんでしょうか?
[PR]
by ghurka | 2013-03-29 21:22 | バッグ | Comments(2)
Commented by たっく at 2013-04-02 01:35 x
No.34, 実は小生も入手しております。
ちょっとした打合せとか、通勤に良い感じのサイズですね。
しかし、残念だったのは、購入したNo.34=ebayで中古でしたが、全体的には良いコンディションなのですが、ちょっと革が硬いような。。。
あと、ショルダーストラップに若干のヒビがありまして、ええ。
それ以外はOKです。。。
ところで、この「引っ込む取っ手」ですが、GHURKAのホームページのNo.34のところを読みますと、Retractable handle=リトラクタブル ハンドル=収納可能な取っ手、と書いてありました。
しかし、こう改めてみますと、味のあるカバンですね。
Commented by ghurka at 2013-04-06 17:10
たっくさん、こんにちは

No.34が一番ビジネスバックらしいし、使いやすいサイズでしょうね。
僕も一時期ずっとこれを使ってる時期がありました。

No.24は薄いので、使用が限定されるかもしれませんが、
なかなか高級感のあるいい鞄ですよ!是非お次は・・・

確かにRetractable handle・・・ですわね。
<< ちょっと寄り道 IL BISONTE Coach Briefcase >>