GHURKA No.85 Barrister 微妙な違い

久々の更新はNo.85 Barristerです。
やはりいまだにグルカの中では最高級バックだと思っております。

Barristerについても今までに何度かネタにして書きましたが、数か月前に1994年製の
ほぼ未使用のものを入手したので、以前から持ってます1988年製とちょっと比較してみました。
右が1988年、左が1994年です。
比べるとかなり色も違うので93年のカタログで調べると、当時のBarristerにはDark tan, Chestnut, Dark brown,Blackの4色があったようです。
もしかすると1994年の色はChestnutかDark brownかもしれませんが、
個人的にはDark tanかなと思っております。よくわかりません。
b0230648_10284442.jpg

以前に角ロゴとMHロゴを比較した際にも書きましたが背面ポケットの深さ?高さが違いますね。
これが高過ぎると鞄を開けた際に、フタが後ろに垂れてサイドのパイピングが破れやすくなるので
改善したのかなと想像しています。実際1988年のものは少し破れております。
b0230648_10285243.jpg

ストラップの金具が違います。実用的にはフックの金具の方がくるくる回るので使いやすいでしょうね。
b0230648_1029076.jpg

バンドのバックルはこの時点では、どちらも実際にバックルにベルトを通すタイプです。
その後、バックルは飾りになり後ろでカチッと留めるタイプに変更されます。
b0230648_1029764.jpg

コーナーを止めてる金具も変更されてますね。
b0230648_10291559.jpg

背面のベルトを止めてる部分のステッチも変更されています。
b0230648_10304711.jpg

b0230648_1029242.jpg

当時、なんばの高島屋のグルカコーナーの棚の一番高い高いところに飾られてて、
絶対手がでないな・・でもめちゃくちゃ欲しいなという憧れでした。
93年のカタログでは、高島屋で22万円の定価ですね。消費税はまだ3%の時代です。

たぶん現在はNo.95 Counselorだけの販売でBarristerは廃盤だと思うのですが、
それにしても現地の価格にしても、日本で売られてる価格にしてもグルカの鞄は相変わらずかなり高いですね。

シャネルやエルメスとかの高級ブランドバックに比べると安いのでしょうけど
今の円安もあって新品にはなかなか手が出せないですね。
ま、僕個人はビンテージ好きなので、地道に出会いを待ちながら・・・

ちなみにこの1994年製はイギリスから届きましたが、グルカはヨーロッパにも出回ってるんでしょうかね?
[PR]
by ghurka | 2015-07-20 11:22 | バッグ | Comments(3)
Commented by たっく at 2015-07-20 16:57 x
ご無沙汰です。たっくと申します。
いや、さすがですねえ。では、バリスターは、全部で、3つお持ちですか?
私は、最近、ほぼ未使用のNo.17 キャンバス地ですが、入手しました。
早速、ガンガン使ってます!
Commented by ghurka at 2015-07-20 18:29
たっくさん、ご無沙汰です。
私もブログ放置状態で、ほとんど他の方のブログも見てなかったのですが、
偶然にも久々に今朝たっくさんのブログを見て、あれ~いっぱいグルカが増えてるって思ってたところです。
キーホルダーもらえるほどの上顧客ですね。(笑)

バリスターはつい先日まで黒もあったので4個でしたが、
黒はあまりいらんので手放しちゃいました。
やっぱりバリスターかっこいいですね。
今は日本でしょ?日本ではグルカに出会わんでしょ~
Commented by たっく at 2015-07-22 17:59 x
早速のレス、ありがとうございます。
はい。
今のところ、日本でグルカを持っている方とお会いしたこと、ないですね。
ブリーフケースでは、TUMIIとか、吉田さんが多いですね。
ということは、日本でグルカのカバンを持っている、身長177cmでゴツい中年男を見かけましたら、かなりの確率で私、という事になります。
仕事上、東は山形県、西は熊本県まで、全国ウロウロしていますので、見かけましたら、お声をお掛けください。
カバンは、No.5, 17, 85, 147のいずれかを、ローテーションして持って歩いています。
では
<< GHURKA小物自慢 GHURKA No.10 Al... >>