最初期のGHURKA No.5

b0230648_16580686.jpg
最近、かなり初期のNo.5が仲間入りしたのでご紹介です。
上の写真の左側は以前から持ってましたRegistered Noが手書きの頃の物、
右側が今回入手したアルファベットのない大きな数字のみの刻印の頃のものです。

アルファベットがあればはっきり年代が分かりますが、これらは厳密には情報がないので
どちらが何年製という断定ができないですね。
ただ1975年から1977年の3年間に制作されたものだとは思います。
b0230648_16571027.jpg
No.5の場合、アルファベットB(1979年)以降のものは時々見かけますが、それ以前のものとなると
ほんと出回る数がへってしまいます。
ま、40年以上前のものですから大事に使われて形として残ってるのが不思議なくらいでしょうからね。

この2点をちょっと比較してみますと、右側のバッグはちょっと変わってまして、底鋲がないんです。
b0230648_16573388.jpg
付けられた跡もないので最初からないのでしょうが、底鋲がないNo.5は初めて見ました。
それともう1点ハンドル付け根の丸い鋲もないです。(本体部四角いレザー部の)
b0230648_16572004.jpg
この2か所の鋲は、最初から意味があって付けられなかったのかよくわからないのですが、
個人的には、付け忘れたんちゃうか~って気がしてしょうがないのです。
70年代のGHURKAにはちょくちょく他と違うイレギュラーなバッグを見かけるんです。
No.2のロゴマークが左右逆だったり、背面のネームプレートがなかったり・・
ただこれはあくまで僕の想像なんですけどね。

ついでに手持ちの最初期のバッグNo.3も紹介しときます。
b0230648_16574409.jpg
写真では分かり難いですが、このバッグの汚れやレザー経年変化を見るとかなり使い込まれたのだと思います。
でも底のレザー四隅の破れもなく、その他の糸のほつれなどもないのを見ると、グルカの縫製がよいのもさること
ながら、このバッグのオーナーも大変大事に使われていたんだろうな想像できますね。
b0230648_16575624.jpg



[PR]
# by ghurka | 2017-09-10 17:40 | バッグ | Comments(0)

GHURKA No.200 EXPRESS Ⅱ All Leather

b0230648_17002356.jpg
放置状態のブログですが、毎日たくさんのグルカファンの方々にご訪問いただいてるようで、ありがとうございます。
ブログを更新するのが毎度、毎度久々になってるのでどう書こうか悩むうえに、
ブログの管理画面とかが知らぬ間に変更されてて戸惑ってしまいます。

でも、頑張って今回は、ちょっと珍しい No.200 のオールレザーのご紹介をしてみたいと思います。
以前にレザーとツイルのタイプを紹介したことがありますが、これはビンテージタイプのオールレザーです。
最初の写真を見ていただいて分かる通り、外観はNo.2 EXPRESSとほぼ変わりませんね。
b0230648_17005780.jpg

でも、ロゴはちゃんとNo. 200 EXPRESS Ⅱなんです。
当時の カタログではMini Express とか Small Expressとか書かれておりNo.2より一回り小さく作られています。

これは1999年のカタログですが、多分このNo.200は1990年代後半から数年間しか製造されてなかったように思います。
今までに何度かネットでもオールレザーは見かけたことがありますが、私はこのビンテージタイプしか見たことがなく、
オールレザーにサドルレザーや他のタイプがあったのかは不明です。ちなみにこのバッグは1999年製です、
ロゴでは2003年から使用された象牙ロゴのNo.200は見たことがあるので2000年代中ごろまでの製造ではないでしょうか。
b0230648_17393026.jpg

実際に、No.2、No.5、No.200を並べて大きさを比べるとこんな感じです。
全てビンテージタイプで揃えたいところでしたが、残念ながらNo.2のビンテージが縁がなく持っておりません。
これで、次にゲットしないといけないバッグが決まった気がします。。。
b0230648_17011058.jpg

b0230648_17014488.jpg

b0230648_17013299.jpg

こうやって並べると確かにNo.5よりは大きく、No.2よりは小さいですが、No.2との大きさの違いが分かりずらいので
底面を見ていただくとかなり違いがはっきりします。

ちょっと余談になりますが、No.200の底面がご覧のように少し波打っております。
なぜか分かりませんが、ビンテージのオールレザーのものにこうなってることが多いようです。
写真では分かりずらいですが、このNo.5も少し波打っています。
型番に関係なく、このような状態のものをネットでもよく見かけるので、底板の中の素材がサドルレザーのものとは違うのかもしれません。
使用上はそんなに問題ないのかもしれませんが、以前から感じている疑問です。

b0230648_17020015.jpg
実際に底面のサイズを測ってみるとこんな感じです。
No.5  39.4cm x 7.3cm
No.200 44.6cm x 15.6cm
No.2 49.0cm x 20.8cm

No.5とNo.2の中間的なよく似たバッグとしてはNo.32 Trekkerがありますが、もうこの時代には作れていませんし、
オールレザーもなかったのでそれに代わるバッグとして作られたんでしょうかね。




[PR]
# by ghurka | 2017-08-08 18:15 | バッグ | Comments(2)

GHURKA No.93 Safari All Leather



b0230648_21293325.jpg

個人的には、グルカのショルダーバッグの中で一番好きな鞄 No.93 Safariのオールレザーです。
バブルの時代、ハンティングワールドのよく似たデザインを街中でいっぱい見かけましたが、Safariを持ってる人は見なかったなぁ・・・
このSafariですが、ビンテージレザーが売られだした頃にNo.137 Fieldingに変更され姿を消してしまいました。
だからSafariはいろんな材質で作られてましたが、確かビンテージレザーはないはず・・・僕は見たことないですね。
b0230648_21460849.jpg

このNo.137はよく雑誌でも取り上げられ、オークション等でも超高値で取引されていますが、
それに比べるとSafariは、全然人気がないような気がしますね。なぜなんでしょう?
やっぱりビンテージレザーが人気なんでしょうか?
Safariが上品過ぎて、Fieldingのような男性的なワイルド感がないからでしょうかね。

Safariについては何回か登場してますが、またまたこのオールレザーも軽く紹介しときましょう。
大きな前ポケットが2つ。グルカはNo.2、No.5をはじめこの大きな前ポケットが好きですね。
b0230648_21570522.jpg
サイドに携帯が入るくらいの小さなポケット。僕はこのポケットがなんとなく好きなんですね。
シンプルなバッグのちょっとしたアクセントって感じがいいのです。
b0230648_21575011.jpg

で、内側には後からとってつけたようなポケットが。
ヒラっとポケットだけを縫い付けた感じのがあるのです。

b0230648_21571930.jpg
b0230648_21572548.jpg
裏地は無しのレザーむき出しですが、革の鞄って感じでいいですね。
b0230648_21574475.jpg
ちなみにNo.137はFree & Easyに掲載されてたものを撮ったのですが、この雑誌が残念ながら廃刊になってしまったようですね。
最近の雑誌の中では、一番グルカの登場頻度も高くちょくちょく見てたんですが。。。
ますますグルカの紙情報がなくなるようで寂しい限りです。
b0230648_21575782.jpg


[PR]
# by ghurka | 2017-02-10 22:45 | バッグ | Comments(1)

最近のGHURKAカタログ

最近と言っても2015年の年末にGHURKAで商品を買った時に一緒に送られてきたカタログなので
1年以上前のものなので、最新ではないでしょうが現行ロゴの商品カタログです

b0230648_22305371.jpg
近頃は、カタログもネットで見て確認して終わってしまうので、このように紙で手元に残るものは貴重な感じがしますね。
昔は積極的に毎年カタログを入手してた時代もありますが、しばらく間隔が空いてしまうとダメですね。
やっぱり毎年頑張って集め続けてればよかったなと後悔してしまいます。
b0230648_22330866.jpg
オークションを頻繁に見て根気よく待てば、古い鞄や小物は出品されてきますが、このようなカタログはほとんど出品も
ないですし、なかなか入手が難しいです。


b0230648_22333495.jpg
最近のグルカのサイトを見てるとすごい色のNo.2 EXPRESSやトランクがあったりして、グルカはどこに向かってるのやろ?
って思ってしまうこともありますが、このカタログはMH時代のグルカを大事にしたいい感じですね。
b0230648_22332503.jpg


[PR]
# by ghurka | 2017-02-06 23:05 | グルカ関連 | Comments(0)

GHURKA No.7 THE DOCKET 現行ロゴ ストラップ付

つい最近、現行ロゴのNo.7 THE DOCKETの出物を見つけて入手してしまいました。
今まで現行ロゴの財布はひとつ使用してましたが、バッグは全く持ってなかったのです。

もともとNo.7は大きめのクラッチバッグだったのですが、現行ロゴ品にはご覧のようにシュルダーが付いておりました。
確かに中身がスカスカで手に持つと、ぐにゃ~としてしまうので男性用のショルダーで使う方がよい大きさかもしれませんね。
b0230648_1537572.jpg

このロゴデザインも最近は見慣れてきましたが、ちょっとヨーロッパのブランド的な感じがするかな。
ま、個人の好みなので。。
革の質感は、新しいこともあり艶もありちょっと固めで張りがある感じです。
b0230648_1538740.jpg

サイドのデザインをビンテージ品と比較するとこんな感じ。
ストラップを付ける分、チャックのエンド部が短めに処理されていますね。
b0230648_15382958.jpg

余談ですが、No.7の小型版のNo.10 Envoyは1980年代に女性用のシュルダーバッグに変身しています。

写真のストラップ付は、1983年製で、僕が当時最初に買ったNo.10は1982年製でシュルダー無しなので、まさにこの時期が境目でしょうか。
ちなみにこの両サイドがレザーでトリミングされたストラップも1980年中頃までの
No.8, No.16等の女性用の一部のショルダーバッグに使われてた、まあまあレアなストラップです。
b0230648_15385353.jpg

ついでに先日バッグを磨きながらもう一つ気づいたことがありまして
シュルダーになったNo.10は、それまでのNo.10にストラップを付けただけと思ってたのですが、
よく見るとマチが結構太く変更され、ちょっとずんぐりしておりました。
b0230648_1539269.jpg

Merry Christmas !!
[PR]
# by ghurka | 2016-12-24 15:40 | バッグ | Comments(0)

久々に磨きました

半年に1度くらいでしょうか、無性に鞄を磨きたくなる時があります。
最近は、歳と共になにかと集中力もなくなり、鞄を磨いてる時は無心になってるみたいで
集中力回復??に丁度よいのです。

ただ、数もかなりあるので、順番にやり始めると1日で終わる感じではないのが・・・
b0230648_15234612.jpg

このブログでも何度か紹介してますが、僕はもっぱらラナパーで手入れしてます。
初期の頃のグルカは、革の色も薄めなので自然な感じで仕上がるのでいいですね。
もしオイルを塗り過ぎても、徐々に乾いて元に色に戻っていくので問題なしす。

これで乾燥も防げ、カビ防止にもなるのですが、長い間ほったらかすと
やはり湿気でカビの心配はあるので、乾燥剤をそれぞれの鞄に入れ、
部屋にも除湿剤をあちこちに置いて大変です。
b0230648_1523561.jpg

[PR]
# by ghurka | 2016-12-13 15:38 | グルカ関連 | Comments(0)

GHURKA Compact Organizer Flag

どんな事情かは分かりませんが、2003年の数か月だけ使用されたロゴ、
旗というか、国旗ロゴと呼べばよいでしょうかね、
その時代の、システム手帳です。カタログではThe Compact Organizerの記載になっています。
b0230648_21323379.jpg

人気は、やはりMHロゴの方があるのでしょうが、僕のような収集癖のある人間にとっては、
この旗ロゴはマニア心をくすぐりますね。
未使用品なので、かなりレアかなとは思いますが、ロゴ以外は作りや革の質などは全く同じですね。
b0230648_21324338.jpg

ご覧のように旗ロゴには社長のMarley Hodgsonの刻印が無くなり、
代わりにRegistered Trademark となっています。
以前に何かでオーナーが会社を売って・・・というような記事を読んだことはあるので、
そういうことなのでしょうね。
確かにその後の象牙ロゴや現在のロゴにも、Marley Hodgsonの記載はないですからね。

確か現在のグルカでは、このシステム手帳は販売されていなかったと思うので
コレクションとしては象牙ロゴの手帳も手に入れたいですが、
ほとんど見たことがないので、もしかすると作られてないのかな・・・
b0230648_21325329.jpg

この手帳は新品なので箱もありますが、箱のロゴはMHのまま。
ただダイアリーの表紙は、ちゃんと旗ロゴになっておりましたよ!
b0230648_2133457.jpg

[PR]
# by ghurka | 2016-07-13 21:57 | 小物 | Comments(2)

GHURKA Registered Bag No.111

No.10 THE ENVOYは、30数年前に僕が初めて買ったグルカでもあり、愛着もあるので
ちょこちょこ増えて現在は5個。

当初は、セカンドバッグだったのが、ある時からストラップが付きのショルダーバッグに
変更され、かなり女性向けになってしまいました。
多分80年代中頃に変更されたのでなかったかと思うのですが。
b0230648_203023.jpg

同じものばっかり何個も・・・って思うのですが、最近またゲットしてしまったのが
一番手前のもので、Registered No.111。
アルファベットもないので、1976,7年頃のものだと思います。

新品のバッグを買うときでもRegistered Noまでは選べないので、なかなかいい番号や
好きな数字に出会えないですが、そこまで拘って自分の好きな番号が見つかれば、
さらに愛着がわくのでしょうね。

このバッグはかなり初期のものですし、なかなか111番には出会えないと思ってついゲットって感じです。
この頃の初期の物には、MHロゴの上に小さく<DESIGNED BY>って刻印されているのも
マニア的には惹かれるところであります。
b0230648_203890.jpg

Registered については以前にも紹介してるので、ご興味のある方はどうぞ。
[PR]
# by ghurka | 2016-07-08 20:35 | バッグ | Comments(0)