カテゴリ:グルカ関連( 46 )

最近のGHURKAカタログ

最近と言っても2015年の年末にGHURKAで商品を買った時に一緒に送られてきたカタログなので
1年以上前のものなので、最新ではないでしょうが現行ロゴの商品カタログです

b0230648_22305371.jpg
近頃は、カタログもネットで見て確認して終わってしまうので、このように紙で手元に残るものは貴重な感じがしますね。
昔は積極的に毎年カタログを入手してた時代もありますが、しばらく間隔が空いてしまうとダメですね。
やっぱり毎年頑張って集め続けてればよかったなと後悔してしまいます。
b0230648_22330866.jpg
オークションを頻繁に見て根気よく待てば、古い鞄や小物は出品されてきますが、このようなカタログはほとんど出品も
ないですし、なかなか入手が難しいです。


b0230648_22333495.jpg
最近のグルカのサイトを見てるとすごい色のNo.2 EXPRESSやトランクがあったりして、グルカはどこに向かってるのやろ?
って思ってしまうこともありますが、このカタログはMH時代のグルカを大事にしたいい感じですね。
b0230648_22332503.jpg


[PR]
by ghurka | 2017-02-06 23:05 | グルカ関連 | Comments(0)

久々に磨きました

半年に1度くらいでしょうか、無性に鞄を磨きたくなる時があります。
最近は、歳と共になにかと集中力もなくなり、鞄を磨いてる時は無心になってるみたいで
集中力回復??に丁度よいのです。

ただ、数もかなりあるので、順番にやり始めると1日で終わる感じではないのが・・・
b0230648_15234612.jpg

このブログでも何度か紹介してますが、僕はもっぱらラナパーで手入れしてます。
初期の頃のグルカは、革の色も薄めなので自然な感じで仕上がるのでいいですね。
もしオイルを塗り過ぎても、徐々に乾いて元に色に戻っていくので問題なしす。

これで乾燥も防げ、カビ防止にもなるのですが、長い間ほったらかすと
やはり湿気でカビの心配はあるので、乾燥剤をそれぞれの鞄に入れ、
部屋にも除湿剤をあちこちに置いて大変です。
b0230648_1523561.jpg

[PR]
by ghurka | 2016-12-13 15:38 | グルカ関連 | Comments(0)

GHURKA V-4 Chestnut Vintage '38 Leather

個人的に今頃になってVintage Leather熱がちょっと上がり気味なんで、
昔の記事を引っ張り出してみました。

いつの何の雑誌の切り抜きかは不明なのですが、Vintageが発売され始めてすぐの頃の記事のようですね。
当時は、ちょくちょくこんな記事が出てたので、大事に切り抜いて保管してたのであります。
b0230648_11363584.jpg

とにかくグルカとしては、頑張って開発した逸品のようですね。
実際、それまでに販売されたKhyber CalfやSierra、Derby等に比べると人気はあったのでしょう。
現在のグルカでもVintage Leatherだけは続けて販売されていますからね。
b0230648_11364833.jpg

[PR]
by ghurka | 2014-05-26 11:50 | グルカ関連 | Comments(0)

GHURKA SIERRA

今回もまたまたコメントのご質問へのお返事更新です。
ご質問は、グルカの鞄のSierraという素材はどんなものですか?とのことですが、
かつて販売されてた頃に、私も実物は見たことはありますが、所持して使用したことはないのです。

だから使い心地や経年変化は良く分からないのですが、どんなものかというのはカタログでご紹介したいと思います。

これは1992年のカタログなのですが、この頃はこんなにいろんな種類があったのです。
で、Sierraは上の方にある3種類。Cocoa, Ivy, Sandstone
b0230648_22135559.jpg

マクロレンズで拡大しましたが、カタログの拡大なんで意味なさそうな・・・
革の質は・・・すいません、分かりません。
これは牛革なんでしょうか?スエード?

昔々触った感触では、ザラザラした・・見た目のオーストリッチのような感触ではなかったような気が気がします。
b0230648_22143169.jpg

実際、鞄になるとこんな感じで、なかなかマニアックです。
Ghurkaがマニアックなのに、さらにマニアックです。
たまにオークションとかに出ている中古品を見ると、結構表面が擦れてテカったり、ザラザラ感がなくなり
スエードの毛が抜けたような感じなってるのも見たことがありますね。
でも、この右端のグリーンのSafariはかっこいいですね。
b0230648_22142333.jpg

下は、1991年の現地価格ですが、オールレザーよりはかなり安めですね。
ちなみに、このSierraは1990年代前半2,3年だけの販売だったのではないかと思いますので
出回ってる数は少ないと思われるので、物としては結構レア度は高いでしょうね。
b0230648_22145878.jpg

この頃、グルカも色々違った素材のものを数年ずつ販売してましたが、どれもあまり続かず
結局、定番のsaddle LeatherかTwill/Tan trimに戻るんですよね~

このSierraって、あのSierra Designsと同じSierraなんで、同じ意味合いかな?
[PR]
by ghurka | 2014-04-28 22:59 | グルカ関連 | Comments(1)

GHURKA Registered Bag No.

先日のネタで少し話題にしましたRegistered Bag No. について
知ってる範囲でちょっとご紹介します。

1975年にGHURKAが創業して、1975年から1977年までのRegistered Bag No.には
製造年を示すアルファベットの記載がなく、1978年からAで始まっています。

この写真は何度か載せてますが、僕が持っている鞄の中で一番古い(初期)と思われるExaminerですが、
これは手書きなんです。これは J 34 と思ってたのですが、アルファベットの記載がないとなると 134 なのか・・
ちょっと不明です。

ついでにもう1点、初期のロゴマークで違うのは、真ん中の大きなMHの上にDesigned byと小さく記載があります。
これもかなり初期のものだけになりますが、鞄の種類により違いがあり、1980年頃のものでも記載がある場合もありますね。
b0230648_2048565.jpg

その後手書きではなく、アルファベット無の数字だけの打刻になっています。
ただ、厳密には僕が手書きの方が初期だと判断しているだけで確証はないです。
でも、打刻から手書きに戻らんやろと思うので・・・
b0230648_20484337.jpg

そして1978年 Aから製造年が分かるようになるのですが、この打刻がアメリカらしくかなり大雑把で、
文字が歪んでたり、太かったり細かったり、大きかったり小さかったり・・・・
いくら手打ちと言えど、高価な鞄なのにもうちょっと綺麗に打てるやろ~って思ってしまいます。
b0230648_2049193.jpg
b0230648_20494776.jpg

b0230648_20512112.jpg

この手打ち文字は、知る限りではこの"D"の1981年までとなります。
このNo.34にはDesigned byって記載がありますが、
私の持ってるNo.2やNo.5には、BやCでもこの記載はないですね。よく基準がわからないです・・・
b0230648_21185220.jpg

1982年の"E"から規格のきっちりした文字になっていきます。
ただし、Eでも手打ち文字のものを見たことがあるので、この年が過渡期なんでしょう。
b0230648_20512525.jpg

人気の鞄は、たくさん作られ4桁のものも結構ありますね、
b0230648_2052656.jpg

その後、かなり飛びますが2004年に象牙ロゴになり"AA"からまた始まることになります。
最近のGマークロゴについては、分からないのでまた研究しておま~す。
b0230648_20521261.jpg

ちなみに、このRegistered Bag No.は基本的には鞄だけについており、財布や手帳などの小物には
記載がありません。ただし、一部のプランナーなどのOrganizerには記載があるものもあります。
その場合は、"Bag" が抜け、ちゃんと"Registered No."となっておりましたよ。
b0230648_21411474.jpg


余談ですが、下のシリアルNo.はコーチのものですが、これもいろんな種類、意味があり奥が深そうですね。
古いコーチは、結構そそられるものがありたまに入手するのですが、これも研究せんとあきません。
最近のコーチはmade in Chinaとかkoreaですが、初期のものはmade in New York Cityとなっており
すごい魅力的なのです・・・・
b0230648_20524942.jpg

[PR]
by ghurka | 2014-03-11 21:57 | グルカ関連 | Comments(5)

憧れのグルカ

最近ちょっとドタバタしてた・・・という言い訳をしながら・・・
ちょっとマンネリを感じながらNo.34からNo.35になかなか更新が進まずいたところ、
先日、本屋でパラパラ雑誌をめくってましたら、「早く更新せんかいな~!」と言わんばかりの
グルカの記事が載っておりました。

内容はそんなにディープではないですが、見開きでこんな感じでグルカが載ってると非常に嬉しくなり、
この記事のためだけに、つい雑誌 Goods Press を買ってしまいました。
これをまた10年後、20年後に見ると懐かしくなるんですよね。
b0230648_1845299.jpg

やっぱり、最近ちょっとグルカ熱が上がってるんですかね、
先日大阪の梅田で通りかかった若者向けの服屋さんに結構な数のグルカがディスプレイされておりました。

これまた嬉しくなって、しばらく見てたんですが、その間誰も興味を示すお客さんもおらず、
若い店員さんもやっぱりあんまりグルカをご存じないようでしたね。

結局、興味を示すのは、当時のグルカを知る僕らの年代の人ばかりなのでしょうかね。
[PR]
by ghurka | 2014-03-08 19:12 | グルカ関連 | Comments(0)

A Happy New Year 2014

GHURKA好きの皆さん、明けましておめでとうございます。
本年もボチボチとマイペースで更新してまいりますので、よろしくお願い致します。

僕のGHURKAの原点 
No.10 THE ENVOY
Registered Bag No. E 589
b0230648_22422683.jpg

[PR]
by ghurka | 2014-01-01 22:47 | グルカ関連 | Comments(2)

GHURKA No.11 & No.12 & No.13

この辺・・・GHURKAの二桁型番からは、なかなかマイナーなものも多く
コレクションも少なくなるのでカタログでの紹介が多くなりますが、ご了承くだされ~

まずはNo.11 Racqueteerとういテニスのラケットケース。
実はこの型の前にボストンバックタイプのものがあるのですが、手持ちの写真もカタログもなかったので。
でも、ボストンタイプより、このカタログのタイプの方がレアかな。滅多に見ないですね。
b0230648_21462276.jpg

No.12はStrong Suit というガーメントバック。
僕はガーメントバッグを使う機会がほとんどないので、グルカのは全く持ってないのです。
グルカのカタログを見ると、ガーメントバックの種類は非常に多いですね。
必要ない人には全くいらないカバンですが、やっぱり需要は多いんでしょうね。
b0230648_21452612.jpg

で、No13ですが、色々ネットとかでも探したんですが全然見つからず、カタログの掲載もなし。
13は嫌な番号とかで、もしかすると永久欠番なんでしょうかね。
もし、知ってる方がおられたら、教えてくださ~い。
[PR]
by ghurka | 2013-10-27 22:01 | グルカ関連 | Comments(2)

ちょっと寄り道 スウェイン&エドニー

今日はちょっと寄り道です。

夜ごと、グルカの写真やネタを捜して古い雑誌やカタログをあさっておりますが、
多分20年ほど前の雑誌で、こんなのを見つけました。

これ、まるであれ・・・・Expressと同じやね~。どっちが先?
b0230648_23442712.jpg

[PR]
by ghurka | 2013-10-25 23:54 | グルカ関連 | Comments(0)

GHURKA No.5

GHURKAの代表バック No.5
この鞄についても、あれやこれやいっぱい書いてきたので、あまり書くこともないですが、
最近のGHURKAのサイトでNo.5の質、色の種類の充実ぶりを見ても、いまだ人気No.1の
代表バック健在って感じですね。写真は1993年のカタログより
b0230648_22375975.jpg

僕も大好きですが、何がそんなに魅力なんでしょうか?

他のブランドのバックでも、フロントポケットが同じように2個ついて、とても似た型のものをよく見かけます。
でもなんか違うんです。ポケットの大きさ、ハンドルの長さなどがちょっと違うだけで
かなりカバンのバランスが変るんですよね~

僕自身、長年この鞄を見続けてきて、このバランスが頭に焼きついてるからかもしれませんが、
何年経っても流行り廃りのない、多くの人を引き付ける最高のデザインの鞄なのではないでしょうか。
[PR]
by ghurka | 2013-10-20 22:52 | グルカ関連 | Comments(4)