タグ:No.5 Examiner ( 16 ) タグの人気記事

最初期のGHURKA No.5

b0230648_16580686.jpg
最近、かなり初期のNo.5が仲間入りしたのでご紹介です。
上の写真の左側は以前から持ってましたRegistered Noが手書きの頃の物、
右側が今回入手したアルファベットのない大きな数字のみの刻印の頃のものです。

アルファベットがあればはっきり年代が分かりますが、これらは厳密には情報がないので
どちらが何年製という断定ができないですね。
ただ1975年から1977年の3年間に制作されたものだとは思います。
b0230648_16571027.jpg
No.5の場合、アルファベットB(1979年)以降のものは時々見かけますが、それ以前のものとなると
ほんと出回る数がへってしまいます。
ま、40年以上前のものですから大事に使われて形として残ってるのが不思議なくらいでしょうからね。

この2点をちょっと比較してみますと、右側のバッグはちょっと変わってまして、底鋲がないんです。
b0230648_16573388.jpg
付けられた跡もないので最初からないのでしょうが、底鋲がないNo.5は初めて見ました。
それともう1点ハンドル付け根の丸い鋲もないです。(本体部四角いレザー部の)
b0230648_16572004.jpg
この2か所の鋲は、最初から意味があって付けられなかったのかよくわからないのですが、
個人的には、付け忘れたんちゃうか~って気がしてしょうがないのです。
70年代のGHURKAにはちょくちょく他と違うイレギュラーなバッグを見かけるんです。
No.2のロゴマークが左右逆だったり、背面のネームプレートがなかったり・・
ただこれはあくまで僕の想像なんですけどね。

ついでに手持ちの最初期のバッグNo.3も紹介しときます。
b0230648_16574409.jpg
写真では分かり難いですが、このバッグの汚れやレザー経年変化を見るとかなり使い込まれたのだと思います。
でも底のレザー四隅の破れもなく、その他の糸のほつれなどもないのを見ると、グルカの縫製がよいのもさること
ながら、このバッグのオーナーも大変大事に使われていたんだろうな想像できますね。
b0230648_16575624.jpg



[PR]
by ghurka | 2017-09-10 17:40 | バッグ | Comments(0)

GHURKA No.5 Examiner Vintage Leather

気付くと今月の初更新・・・

最近、No.5のビンテージレザーを手にしたので、ご紹介します。
以前にも書きましたが、基本的に元祖茶色のサドルレザー(写真の右側のタイプ)が好きなので、
ほとんどビンテージレザーのものは持って無いのです。

僕がグルカを買い始めた80年代前半に、このビンテージレザーは無く、多分1993年か4年頃から販売され始めたのだと思うのですが、どうしても進化型の新しいグルカに思えてしまうのです。
決して新しいものがが悪いというわけでは無く、あくまでも僕の中のイメージの問題なんですけどね。

で、今回このNo.5のビンテージレザーを初めて手にした感想は、なかなかいいね~!
持った感じのずっしり感、革のしなやかさ、使い込むと、かなりいい味がでそうって言うのが第一印象でしょうか。
単なる長年の食わず嫌いだったのか・・・・な?
b0230648_1092856.jpg

ビンテージレザーはアップで撮って見ると、こんな感じに細かいシワがあるのです。
サドルレザーをいくら使い込んでも、こんな感じのシワは絶対できないですからね。全く別物です。
b0230648_10104230.jpg

No.5の年代による作り、デザインのの違いに関しては以前に書いたので、そちらを見てもらう方がよく分かるでしょうね。
今回ビンテージを持って、かなりずっしりしてたので、重さを測ってみると、
サドルレザーが約1.3kg、ビンテージが約1.6kgでした。
サドルレザー裏地あり、、ビンテージ裏地無なんで、革自体が結構しっかりしてるのでしょう。
体重計で測ったのでアバウトですが・・・
b0230648_10105999.jpg

またまた気付いたのは、これもロゴマークの位置が反対ですね。
これはNo.2で以前に書いたけど、なぜでしょう?
デザインとしてか、間違いか、どっちでもよく気にしてないのか?個人的にはそこが知りたいのです。
b0230648_10112086.jpg

もう1点違うのは、基本ビンテージにはオールレザーのストラップが付いてないですね。
全てかどうかは分からないですが、このキャンバス地のストラップにレザーの肩当てが付いてるタイプです。
個人的には、折角オールレザーなのでカジュアルダウンせずにストラップも・・・って思いますが、
好き嫌いは別として、このタイプの方が使いやすいのかな。
ホックになってるから肩当てだけの交換も可能ですからね。
b0230648_10113628.jpg

ちなみに当時は色違いのビンテージレザーもあったのです。
これは1996年のカタログですが、このV12 Palomino Vintageはあまり見た記憶がないなぁ・・・
b0230648_10115187.jpg

それともうひとつカタログを見ながら気付いたのは、この頃のオールレザーはVintageメインで
元祖サドルレザーは、なかったんですね。
と、いうことは、V12 Palomino Vintageが元祖サドルレザーの代わりやったんでしょうかね。
この頃、僕のグルカ熱がやや冷め気味の時期であんまり覚えてないなぁ・・・・
b0230648_10175364.jpg

最近、更新頻度がかなり低いので、よくブログを見に来ていただいてる方、すいませんm(__)m
早々に次回更新頑張りま~す。
[PR]
by ghurka | 2014-05-21 11:11 | バッグ | Comments(10)

GHURKA No.5

GHURKAの代表バック No.5
この鞄についても、あれやこれやいっぱい書いてきたので、あまり書くこともないですが、
最近のGHURKAのサイトでNo.5の質、色の種類の充実ぶりを見ても、いまだ人気No.1の
代表バック健在って感じですね。写真は1993年のカタログより
b0230648_22375975.jpg

僕も大好きですが、何がそんなに魅力なんでしょうか?

他のブランドのバックでも、フロントポケットが同じように2個ついて、とても似た型のものをよく見かけます。
でもなんか違うんです。ポケットの大きさ、ハンドルの長さなどがちょっと違うだけで
かなりカバンのバランスが変るんですよね~

僕自身、長年この鞄を見続けてきて、このバランスが頭に焼きついてるからかもしれませんが、
何年経っても流行り廃りのない、多くの人を引き付ける最高のデザインの鞄なのではないでしょうか。
[PR]
by ghurka | 2013-10-20 22:52 | グルカ関連 | Comments(4)

GHURKAに作って欲しいもの

ふと気付くと2ケ月以上更新をしていなかったですね。
暑過ぎて、グルカ共々ヘロヘロになっておりました・・・・
b0230648_18461519.jpg

特に、新しいネタは無いのですが、前々からグルカにあったら絶対買うのになと思ってる物がありまして・・・・
グルカのブックカバーが欲しいのです。

日本とアメリカで本のサイズも違い無理なのは分かってるのですが、
グルカのサドルレザーで作って欲しいのです。
ロゴは現在の物でもしょうがないかぁ・・・。でも高いでしょうね。

今までにも、革や綿や色々なブックカバーを買ったんですが、すぐ飽きてしまうんです。
結構いい革のものもあり、使い込もうと思うのですが、やっぱり飽きるんです。

革はグルカと体にしみ込んでしまってるんでしょうね・・・・

それと、もうひとつ欲しいのは、グリーンのオールレザーで作られたExaminer.
緑色がとても好きなんです。

ま、人間無いものねだりなんですよね~
[PR]
by ghurka | 2013-08-21 18:56 | バッグ | Comments(0)

GHURKA No.5 Examinerの新旧 その3

引き続きExaminer詳細の違いです。

前ポケットの留め革?フラップ?の違い。何て呼ぶんでしょう?
1975年のも
細かく見ると留め革の先が、他のより尖がってます。微妙ですが・・・。
それと画像では分かりずらいですが、革が薄いです。
でも、この点ははNo.2の初期のものも同じようになっているいので、違うんでしょうね。
b0230648_14431942.jpg

1980年のもの(1990年頃のものもほとんど変わりません)
ハンドル(持ち手)の取り付け部が、初期の物に比べしっかりしました。
b0230648_14432930.jpg

1998年のも
留め革にステッチが入り、留め具の金属にGHURKAの刻印が入っています。
このようになったのは何年頃からかは、分からないです・・・
b0230648_14434933.jpg


ジッパーの違い
初期の頃は、ご存じTALONのジッパーです。
これも多分1980年代前半くらいまでだと思います。
やっぱりこの無骨なTALONのジッパーを見るとVintageって感じがしますね。
b0230648_14552620.jpg

1990年のもの
革がついたジッパーになり、GHURKAの刻印があります。
(確か、時期により刻印の無い物もあったと思います)
b0230648_14555269.jpg

ジッパーについては以前にも掲載しましたのでご参考に

ジッパーのエンド部の形状の違い
写真は1980年のものですが、初期の物から少なくとも1990年代中頃まではこの形状だと思います。
ただ、初期の物は鞄との留め金がホックになっており、取り外しができ、伸ばせるようになっています。
b0230648_1505532.jpg

1998年のもの
はっきり、いつからこの形状になったのかは不明ですが、スマートに今風なりましたが、これは好みの問題ですね。
b0230648_1511655.jpg


裏地について
写真は1998年のものですが、この頃には裏地がついています。
これもいつからかつくようになったk明確には分からないです。

これが付くまでは、綿一枚ものの鞄だったので丈夫にはなりましたが、かなり重くなりました。
ザクッと測ってみたところ、非常に軽い1975年のものが約900gで1998年のもので約1400gでした。
b0230648_152063.jpg


以上、こんな感じで分かる範囲で違いを紹介してみましたが、
私個人の情報なんで、間違っている点もあるかもしれませんが、その点はご了承くださいね。

まだまだこれからもマニア感を発揮して違いを捜して行きたいと思っていま~す。
[PR]
by ghurka | 2013-06-12 15:25 | バッグ | Comments(4)

GHURKA No.5 Examinerの新旧 その2

昨日の続きでExaminerの年代によっての詳細部分の違いを分かる範囲でご紹介します。

ま、詳細部分なんであまり興味のない方には、「どれも一緒やん!」って言われるかもしれませんね。

余談ですが、10年くらい前にヘラクレス オオカブトに興味が出て、これまた収集癖のお陰でいっぱい飼っとりました。
その時にも亜種によって頭角や胸角のちょっとした突起の違いがあったのですが、
興味のない方には、「全部一緒やん!」ってよく言われたのを思い出してしまいました。
でも、そんな小さなことに拘る人がいるから、どんな世界にもマニアがおるんですよね。

と、いうことで本題に。
まずは超初期のロゴマークを。この写真は前にも何回か登場させていますが、Registered No.が手書きで
MHマークの上にDesigned byって刻印されています。これは1975年のグルカ創業からとても短い間だけこのマークだったようです。
この初期の頃のRegistered No。以外にも大きな文字での手打ちの刻印やアルファベットのないもなどいろいろあります。
b0230648_13235897.jpg

ちなもに1980年代後半のロゴはこんな感じで、ちょっと量産的というか機械的になりましたね。
b0230648_13253228.jpg


次にストラップの違い。初期の1980年代前半くらいまではこのタイプです。
多分Register No.のEかFぐらいまでだと思います。
b0230648_1327288.jpg

その後は、このタイプ。
b0230648_13284532.jpg


底鋲の違いです。
超初期のものは、この台円っていうのかな?このタイプ。
これもほんとの初期だけで、1975,6年のものだけではないでしょうか。
b0230648_13333468.jpg

1980年のもの
私の知る限り基本グルカの金具は全て真鍮です。
b0230648_13375371.jpg

1990年のもの
グルカの綿ですが、1980年代中頃までのものとこの頃のものは個人的な感覚ですが
手触りが全然違います。初期のものは目が粗いのか、しっとりとした柔らかさがありますが、この頃になると
目が詰まった感じで、固くシャキシャキしたように感じます。
b0230648_13381262.jpg

1998年のもの
b0230648_1338482.jpg


続きは後ほど・・・・
[PR]
by ghurka | 2013-06-12 13:48 | バッグ | Comments(2)

GHURKA No.5 Examinerの新旧

GHURKAの代表作のNo.5 Examinerですが、ここ数年の円高で調子に乗って
集めてるうちにかなり増えてしまいました。
b0230648_14115783.jpg

基本的に、GHURKAのMH時代の初期のものが好きなので、あまり新しい物は無いのですが、
1970年代から1990年代のExaminerを色々見てますとちょっとずつ違いがあるので、比較してみます。

Examinerは、今までに非常にたくさんの材質のものが販売されていますが、
今回は私が持っているTwill/Tan Trimでの比較になります。

取り敢えず本日は鞄全体のフォルムの比較を。

1975年、GHURKAの超初期のものです。
b0230648_14245141.jpg
b0230648_14251495.jpg


1980年のもの
1975年のものと全体的にはほとんど変らないですが、少し持ち手が縦長かなと思います。
それは、これには固い芯が入りしっかりしたからかもしれません。

この時代の芯は、とても固く重いくらいの頑丈な物が入っています。
ちなみに75年の持ち手の芯は、紙を束ねたような柔らかいものです。
b0230648_14542128.jpg
b0230648_14534568.jpg


1990年のもの
ここで大きな違いは、背面にポケットが付いたことです。
多分80年代中頃から付き始めたのではないかと思います。

持ち手の芯の材質が変ったようで、少し柔らかくなり、丸みが帯びてきたように思います。
b0230648_14574370.jpg
b0230648_14574335.jpg


1998年のもの
1990年のものと見た目に大きな違いはありません。
b0230648_151982.jpg
b0230648_1511777.jpg


色々違いを捜して見て下さいね。
細部の細かい違いは次回更新分(明日かな・・・?)で紹介します。
[PR]
by ghurka | 2013-06-11 15:25 | バッグ | Comments(2)

GHURKA No.8

あまりネタも思いつかず、かなり更新をさぼっておりました。

で、そういえばGHURKAの一桁No.のバッグで、これはまだ紹介してなかったなと思い早速ネタに。
GHURKA No.8 THE COURIER
b0230648_16133416.jpg

数年前に入手したのですが、小ぶりなので大柄の僕にはちょっと女性用ぽい感じがして
ほとんど使わず、これまたコレクション状態になっております。

一応、GHURKAのNo.2~No.9までの一桁シリーズは全部もっておりまして、
No.2 The Express
No.3 The Overlander
No.4 The Gearpack
No.5 The Examiner
No.6 The Dossier
No.7 The Docket
No.8 The Courier
No.9 The Runabout となります。

ちなみにNo.1は社長のMarley Hodgsonの娘さん用に作られたバックなので入手不可能なのです。
欲しいけどね~

No.2~No.9のバッグ名を書いてて気づいたけど、全部Theがついてますね。
その後はMadison, Stdium, Barrister, CounselerなどTheのない名前も色々ありますけどね。
b0230648_16132697.jpg

[PR]
by ghurka | 2013-04-23 16:43 | バッグ | Comments(4)

'78年 ほぼ再現

先日紹介したメンクラの1ページを見ながら、「これだいたい持ってるなぁ・・」って思ったので、
b0230648_21433753.jpg

自慢したくて、再現してみました~。
ただ、真ん中のNo.17だけ持ってないんですよね~縁が無くて・・・
代わりにNo.6を置いてみました。

左端 No.3 Overlander、その前のセカンドバッグNo.14 Gearkit、真ん中上 No.5 Examiner、
真ん中No.6 Dossier、 右端No.4 Gearpack、真ん中手前no.7 Docket
b0230648_21501886.jpg

写真のバッグは、No.14以外は、たぶん70年代の製造のものと思いますが、この時代のはいいんですよね~。

革やキャンバスの質感がなんとも言えず柔らかく、作りもすごく素朴というか、シンプルなんです。
当然、裏地も貼ってないし、軽いし大好きです。

以前も書いたけど、この時代の持ち手には、芯棒が入ってないので、すごい柔らかい。
中は紙か綿のようなものを束ねたフワフワのクッション?が入ってるんです。
b0230648_21435471.jpg

さすがに重い物を入れると、型崩れするもするけど、それもまた味があってよいのです。
[PR]
by ghurka | 2012-12-29 22:19 | バッグ | Comments(0)

グルカのクリーニング

グルカバッグをクリーニングしてもらいました。

以前から一度専門店に依頼してみたいと思いながら躊躇していたのですが、
ちょうどいいバッグがあったので試してみました。

クリーニングしたのはGHURKA No.5ですが、1980年頃のもので
汚れていても味があると言えば言えないこともないのですが、
キャンバス部があまりにも汚く汚れてたので・・・・

メンテナンス専門店に送ってから待つこと1ケ月・・・やっと戻ってきました。
写真では分かりにくいですが、クリーニング前と後を比較です。
(前と後でカメラのWBが違ったような・・・我慢して下さい)

写真では我慢できそうに見えますが、実際はかなり汚れてます。
うちの奥さんは「きちゃなー!」って叫んでましたから・・・

クリーニング前
b0230648_23113349.jpg

今回はキャンバス部のクリーニングがメインなのでレザー部は保湿クリーム程度です。
全体にシャキっとなりました。
クリーニング後
b0230648_2314419.jpg

クリーニング前
b0230648_2312133.jpg

クリーニング後
b0230648_2315457.jpg

この裏面がかなり汚かったんです。持って歩くのが恥ずかしいくらい。

クリーニング前
b0230648_23121954.jpg

クリーニング後
b0230648_23151345.jpg

クリーニング前
b0230648_2313152.jpg

もっとキャンバスの質感が変わってしまうかと思ったんですが、ほとんど変わらなかったですね。
多少汚れは残ってますが、これだけ綺麗になれば納得です。
クリーニング後
b0230648_23153634.jpg

クリーニング前
b0230648_23135174.jpg

クリーニング後
b0230648_23153764.jpg

これなら汚れてるバッグ全部やってもらおうかなぁ~と言いたいところなんですが、
ちょっと値段が・・・・

ちょっとしたバッグが買えるくらいの価格かな?
オールレザーならもっと高いようですが・・・

人それぞれ愛着の度合いも違い、思い入れも違うのでクリーニングに抵抗がある方も
あると思いますが、気になる汚れがあるなら試されてもいいのかな・・・
[PR]
by ghurka | 2012-11-20 23:53 | グルカ関連 | Comments(4)