GHURKA No.5 Examiner Vintage Leather

気付くと今月の初更新・・・

最近、No.5のビンテージレザーを手にしたので、ご紹介します。
以前にも書きましたが、基本的に元祖茶色のサドルレザー(写真の右側のタイプ)が好きなので、
ほとんどビンテージレザーのものは持って無いのです。

僕がグルカを買い始めた80年代前半に、このビンテージレザーは無く、多分1993年か4年頃から販売され始めたのだと思うのですが、どうしても進化型の新しいグルカに思えてしまうのです。
決して新しいものがが悪いというわけでは無く、あくまでも僕の中のイメージの問題なんですけどね。

で、今回このNo.5のビンテージレザーを初めて手にした感想は、なかなかいいね~!
持った感じのずっしり感、革のしなやかさ、使い込むと、かなりいい味がでそうって言うのが第一印象でしょうか。
単なる長年の食わず嫌いだったのか・・・・な?
b0230648_1092856.jpg

ビンテージレザーはアップで撮って見ると、こんな感じに細かいシワがあるのです。
サドルレザーをいくら使い込んでも、こんな感じのシワは絶対できないですからね。全く別物です。
b0230648_10104230.jpg

No.5の年代による作り、デザインのの違いに関しては以前に書いたので、そちらを見てもらう方がよく分かるでしょうね。
今回ビンテージを持って、かなりずっしりしてたので、重さを測ってみると、
サドルレザーが約1.3kg、ビンテージが約1.6kgでした。
サドルレザー裏地あり、、ビンテージ裏地無なんで、革自体が結構しっかりしてるのでしょう。
体重計で測ったのでアバウトですが・・・
b0230648_10105999.jpg

またまた気付いたのは、これもロゴマークの位置が反対ですね。
これはNo.2で以前に書いたけど、なぜでしょう?
デザインとしてか、間違いか、どっちでもよく気にしてないのか?個人的にはそこが知りたいのです。
b0230648_10112086.jpg

もう1点違うのは、基本ビンテージにはオールレザーのストラップが付いてないですね。
全てかどうかは分からないですが、このキャンバス地のストラップにレザーの肩当てが付いてるタイプです。
個人的には、折角オールレザーなのでカジュアルダウンせずにストラップも・・・って思いますが、
好き嫌いは別として、このタイプの方が使いやすいのかな。
ホックになってるから肩当てだけの交換も可能ですからね。
b0230648_10113628.jpg

ちなみに当時は色違いのビンテージレザーもあったのです。
これは1996年のカタログですが、このV12 Palomino Vintageはあまり見た記憶がないなぁ・・・
b0230648_10115187.jpg

それともうひとつカタログを見ながら気付いたのは、この頃のオールレザーはVintageメインで
元祖サドルレザーは、なかったんですね。
と、いうことは、V12 Palomino Vintageが元祖サドルレザーの代わりやったんでしょうかね。
この頃、僕のグルカ熱がやや冷め気味の時期であんまり覚えてないなぁ・・・・
b0230648_10175364.jpg

最近、更新頻度がかなり低いので、よくブログを見に来ていただいてる方、すいませんm(__)m
早々に次回更新頑張りま~す。
by ghurka | 2014-05-21 11:11 | バッグ
<< GHURKA V-4 Ches... GHURKA SIERRA >>