今年最後に届いたGHURKA No.7

かなりご無沙汰してしまいました。
ちょくちょくブログを覗いてくださったGHURKAファンの皆さん、すいません。
日付を見ると約半年経過・・・・

いろいろバタバタした一年だったのですが、
そんな中でもグルカコレクションは数点増えたようです。

早いもので今日は大晦日。
つい最近届いた今年最後のコレクションをご紹介して本年最後の更新をしようと奮起しました。

で、その今年最後のグルカはNo.7 The Docketのオールレザーです。
b0230648_11521595.jpg

この大き目のセカンドバッグというか書類ケースですが、
時々オークションなどでも見かけますが、この鞄は1979年製でこの時代のオールレザーははなかなか出物が少く、
またこの時代の革は以前から言ってるようにすごいしっとりしてとてもいい感じなので、つい欲しくなってしまいました。
(ちなみにこのExpressは1980年製です。)
b0230648_1213124.jpg

ご覧いただいた通り僕にとっては3個目のNo.7で、上の写真の左から1984年製、1978年製、1979年製です。
84年製は当時リアルタイムで買ったものですが、かなり大きかったのでほとんど使わずしまい込んでいたものです。
大きいので、中に書類や小物をいろいろ入れていないと、すぐにフニャっとへたってしまうのです。
その点ではオールレザーはマシでしょうね。

3個ともそんなに時代が離れているわけではないですが、革の色や質感は全く違いますね。
b0230648_1214855.jpg

鞄のデザインもチャック両端部の作りが、オールレザーだけは少し違いますね。
やや高級感が漂ういます。
b0230648_122688.jpg
b0230648_122142.jpg

そして内側はこの時代独特の茶色の細かい千鳥格子の生地が使われています。
この生地もこの時代の革にとても合ってる気がして好きなんでですよね。
やはり70年代のものはいいですね。
b0230648_1222291.jpg

ということで、今年もこれで終わり。
来年はもうちょっとマメに更新と思ってはおりますが、どうなることやら・・・

モノがモノだけにマニアックなので、そんなにポンポン出物があるわけでもなく、
またこの円安でさらに入手が難しくなってりますが、
来年も懲りずにいいGHURKAとの出会いを求めていきたいと思います。

では、GHURKAファンのみなさんまた来年もよろしくお願い致します。
よいお年を!
[PR]
by ghurka | 2014-12-31 12:40 | バッグ | Comments(3)
Commented by OBNES at 2015-07-16 22:18 x
はじめまして。楽しく拝見させていただいています。No.32のTREKKERの底面が破損というか破れてしまいました。アメリカのグルカにメールで問い合わせしていますが、返事がありません。日本でリペアする場合、どこかよいリペアのお店をもしご存知でしたら教えていただきたいと思い、ご連絡しました。お忙しいところすみませんが、ご連絡お待ちしております。
Commented by ghurka at 2015-07-19 08:04
OBNES さん はじめまして
コメントありがとうございます。OBENSさんのブログも拝見し楽しく読ませていただきました。

さて、No.32の破損の件ですが、残念ながらこの状態のものは修理してもまた違う箇所がどんどん破れてきてしまうようです。
私も、何点かの鞄で同様の経験があり、長年いろいろネットで画像を見ているうちに1980年後半から1990年ごろ
(Register No. K. L. M. N)のものにこの状態になることが多いようです。

当初、アメリカとの湿度の違いや保管の状態によるものかとも思いましたが、違う年代のものでのような状態になるものはなく
やはりこの限られた時期に使われているコットンの問題ではないかと私なりには思っております。
80年代後半にリアルタイムでこの時代のものを使用しておりましたが、特に問題はなかったように記憶しておりますので
やはりこの時代のコットンが経年劣化に耐えれなかったのでしょうかね。

実際、90年代中ごろから後半にはバック内側に裏地が使用されるようになりましたので、このような問題の改善のためなのかもしれません。
底鋲が錆びていても1970年代のもでも大丈夫ですので、錆とは無関係と思います。(底鋲のごく際の部分の劣化はあるようですが。)
逆に、80年代中ごろより以前のコットンの方が柔らかく状態は良いようです。

私自身はグルカが大好きですので、ま、こんなあかん奴もおるわ・・・とこんな問題もスル~しております。
最近はブログ更新が放置状態ですが、またこれからも情報交換よろしくお願い致します。


Commented by OBNES at 2015-07-19 23:49 x
ご回答頂きましてありがとうございました。他では絶対にお答え頂けない内容で興奮しております!!。コットンツイルに関しては、Register No. K. L. M. Nの購入は避けるようにしようと思います。今ツイルのNo.20のレジスターDとNo.72のレジスターM見比べてます。No.72のMと今回破損のNo32のMのツイルの生地は見た目同じで、No.20のDに比べると色が灰色ががってるような感じでした。私のブログで今回の回答引用させていただきたく存じます。No.32はリペアは諦めて、No.72が破損しないようどう使うかを考えたいと思います。まだ購入してから一度も使った事ないんです・・・笑。また困った事があったときは、アドバイス頂きたく、引き続きよろしくお願いします。コメント書かせていただいて本当に良かったです!!ありがとうございました!!
<< GHURKA No.10 Al... なんちゃってExpress >>