<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

GHURKA Registered Bag No.

先日のネタで少し話題にしましたRegistered Bag No. について
知ってる範囲でちょっとご紹介します。

1975年にGHURKAが創業して、1975年から1977年までのRegistered Bag No.には
製造年を示すアルファベットの記載がなく、1978年からAで始まっています。

この写真は何度か載せてますが、僕が持っている鞄の中で一番古い(初期)と思われるExaminerですが、
これは手書きなんです。これは J 34 と思ってたのですが、アルファベットの記載がないとなると 134 なのか・・
ちょっと不明です。

ついでにもう1点、初期のロゴマークで違うのは、真ん中の大きなMHの上にDesigned byと小さく記載があります。
これもかなり初期のものだけになりますが、鞄の種類により違いがあり、1980年頃のものでも記載がある場合もありますね。
b0230648_2048565.jpg

その後手書きではなく、アルファベット無の数字だけの打刻になっています。
ただ、厳密には僕が手書きの方が初期だと判断しているだけで確証はないです。
でも、打刻から手書きに戻らんやろと思うので・・・
b0230648_20484337.jpg

そして1978年 Aから製造年が分かるようになるのですが、この打刻がアメリカらしくかなり大雑把で、
文字が歪んでたり、太かったり細かったり、大きかったり小さかったり・・・・
いくら手打ちと言えど、高価な鞄なのにもうちょっと綺麗に打てるやろ~って思ってしまいます。
b0230648_2049193.jpg
b0230648_20494776.jpg

b0230648_20512112.jpg

この手打ち文字は、知る限りではこの"D"の1981年までとなります。
このNo.34にはDesigned byって記載がありますが、
私の持ってるNo.2やNo.5には、BやCでもこの記載はないですね。よく基準がわからないです・・・
b0230648_21185220.jpg

1982年の"E"から規格のきっちりした文字になっていきます。
ただし、Eでも手打ち文字のものを見たことがあるので、この年が過渡期なんでしょう。
b0230648_20512525.jpg

人気の鞄は、たくさん作られ4桁のものも結構ありますね、
b0230648_2052656.jpg

その後、かなり飛びますが2004年に象牙ロゴになり"AA"からまた始まることになります。
最近のGマークロゴについては、分からないのでまた研究しておま~す。
b0230648_20521261.jpg

ちなみに、このRegistered Bag No.は基本的には鞄だけについており、財布や手帳などの小物には
記載がありません。ただし、一部のプランナーなどのOrganizerには記載があるものもあります。
その場合は、"Bag" が抜け、ちゃんと"Registered No."となっておりましたよ。
b0230648_21411474.jpg


余談ですが、下のシリアルNo.はコーチのものですが、これもいろんな種類、意味があり奥が深そうですね。
古いコーチは、結構そそられるものがありたまに入手するのですが、これも研究せんとあきません。
最近のコーチはmade in Chinaとかkoreaですが、初期のものはmade in New York Cityとなっており
すごい魅力的なのです・・・・
b0230648_20524942.jpg

[PR]
by ghurka | 2014-03-11 21:57 | グルカ関連 | Comments(5)

Black GHURKA

茶色のサドルレザーが好きなので、黒いグルカは数点しか持ってないのです。
黒いレザーは、経年変化が分かりずらいので、使い込んだ感が味わいにくいのが理由ですかね。
ま、最近は使い込まず、眺めてることが多いのですが・・・・
b0230648_15501766.jpg

グルカの黒レザーには写真のような張りのあるツルッとしたサドルレザーや細かい皺のあるビンテージタイプなど数種類があるのですが、
黒に関しては個人的にはこのツルっとした革の方が好みです。

この黒レザーは創業当初の1970年代は、製造されていなかったようですね。
ご存じのようにグルカの鞄にはRegister No.がそれぞれ付けられており、そのアルファベットで製造年が
だいたい分かり、Aから始まりA(1978年)、B(1979年)、C(1980年)となっていきます。

そして僕の知る限りでは、今までに少なくともA~Dの黒は見たことがなく、製造されたのは早くても
1982,3年頃ではないかと思っています。
当初はこのツルっとしたタイプだけで、その後1990年代になってビンテージタイプが作られ始めたと思います。
だからこの初期の頃のツルっとした革のNo.5とかはコレクション的に欲しいのですが、
なかなか良いものに出合えずにおります。多分、製造数も茶色より少ないんでしょうね。

ちなみにこのNo.2は1991年頃の製造のものです。
こうやって写真で見る黒は、コードバンのように高級感があって、とてもいいですね。
[PR]
by ghurka | 2014-03-10 16:32 | バッグ | Comments(0)

憧れのグルカ

最近ちょっとドタバタしてた・・・という言い訳をしながら・・・
ちょっとマンネリを感じながらNo.34からNo.35になかなか更新が進まずいたところ、
先日、本屋でパラパラ雑誌をめくってましたら、「早く更新せんかいな~!」と言わんばかりの
グルカの記事が載っておりました。

内容はそんなにディープではないですが、見開きでこんな感じでグルカが載ってると非常に嬉しくなり、
この記事のためだけに、つい雑誌 Goods Press を買ってしまいました。
これをまた10年後、20年後に見ると懐かしくなるんですよね。
b0230648_1845299.jpg

やっぱり、最近ちょっとグルカ熱が上がってるんですかね、
先日大阪の梅田で通りかかった若者向けの服屋さんに結構な数のグルカがディスプレイされておりました。

これまた嬉しくなって、しばらく見てたんですが、その間誰も興味を示すお客さんもおらず、
若い店員さんもやっぱりあんまりグルカをご存じないようでしたね。

結局、興味を示すのは、当時のグルカを知る僕らの年代の人ばかりなのでしょうかね。
[PR]
by ghurka | 2014-03-08 19:12 | グルカ関連 | Comments(0)